レスラー
b0020911_0435793.jpg主人公のランディは
ミッキー・ローク以外
ありえない!との監督の
選択は正しかったです。
ニコラス・ケイジでは、
この感動は
味わえなかったでしょう。
アカデミー賞もうなずける
ミッキー・ロークの復活でした。


かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、
ランディ(ミッキー・ローク)は、スーパーでバイトしながら、
週末はレスラーとして生活していた。
ある日試合後、心臓発作を起こしてしまい、
プロレスを止められてしまう。娘とはうまくいかず、
ストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にも振られ、
孤独に打ちひしがれる中で、ランディは
再びリングに上がる決意をする。・・・。

「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」や「ナインハーフ」の頃の
面影はほとんどないけど、
(ボクシングや整形の影響で顔変わっちゃったからねぇ〜)
辛酸を味わった彼だからこそできた役だったのかもしれません。
まるで彼の人生そのものの主人公のランディ。
よく、役者は舞台で死ねれば本望だと言うけれど、
リングで死ねれば、ランディも本望だったのかも・・・。
年増のストリッパーを演じたマリサ・トメイも良かったです。
44歳とは思えない素晴らしいなスタイルでした。

プロレスってまるで、ショーのようで
ロッカールームでのレスラーたちの段取りが
なかなか面白かったです。

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
80年代最高!90年代最低!っていうセリフは、
ミッキー・ロークの本心ですよね〜。
[PR]
by cinema-can | 2010-01-31 00:45 | DVD | Trackback(4) | Comments(6)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/12758213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雑記帳+ at 2010-02-01 23:23
タイトル : 『レスラー』を観る
主演のミッキー・ロークや共演のマリサ・トメイがアカデミー賞(主演男優と助演女優)... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2010-02-21 06:50
タイトル : 「レスラー」(THE WRESTLER)
「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」「ナイン・ハーフ」「エンゼル・ハート」などの作品に出演し、主に80年代に活躍した米俳優、ミッキー・ローク主演のヒューマン・ドラマ「レスラー」(2008年、米、109分、ダーレン・アロノフスキー監督、R-15指定)。この映画は、M・ロークがかつて、脚光を浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を自らの役者人生と重ね合わせながら、哀愁に満ちたものとして描いている。本作はベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞し、オスカーでは主演男優賞や助演女優賞にノミネートされた。... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2010-07-21 00:30
タイトル : レスラー
ミッキー・ロークが話題になった映画です。 明るい内容ではないと聞いていたので、 体調とか、観るタイミングを伺っていたら いつまで経っても、、、という状況に。f(^^;) いかん、いかん。 かつては“ザ・ラム”のニックネームで 一世を風靡したレスラー、ランディ。... more
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2010-08-29 12:32
タイトル : レスラー(感想172作目)
レスラーはWOWOWでし鑑賞したけども... more
Commented by aju at 2010-02-01 23:22 x
ルナさん、こんばんは。
観ましたね、レスラー。

プロレスに詳しくないからか、私もロッカールームでの段取り姿が面白く感じました。

ニコラス・ケイジがどうのっていうワケではなく、本当にこのランディ役はミッキー・ロークで良かったなぁと私も思います!

彼の唯一の居場所で死ねるのなら本望かも・・・
本望なんでしょうね。・・・なのだけど、
もう一回この作品を観るとしても、あのラストにはそこまで考えが進まず、やっぱり私はただただ放心しちゃうかもしれません。
Commented by cinema-can at 2010-02-01 23:49
>ajuさん、こんばんは(*^^*)
観ました!観ました!
私もプロレスには、詳しくないのでロッカールームでの
打ち合わせは、へぇ〜って感じで面白かったです。

ラストは、なんか切ないですよねー。
でも別の生き方をがんばったけど、やはりダメな不器用な男の
そんな生き様が心を打つのかもしれませんね〜。
Commented by デイヴィッド・ギルモア at 2010-02-21 23:18 x
こんばんは。へえ~あのストリッパー役の女優、44歳だったのですか。とてもそうは見えない素晴らしいスタイルでしたね。
それと、ミッキー・ロークも80年代の面影が全然残ってないのには、びっくりさせられました。
Commented by cinema-can at 2010-02-21 23:25
>D.ギルモアさん、こんばんは(^_^)
そうなんですよ〜!彼女、素晴らしいスタイルでしたよねー。
やっぱり、年は関係ないんですねー
見習わねば・・・(笑)
ミッキー・ロークは変わりましたよね
やっぱり、ボクシングや整形のせいかなぁ〜?
Commented by zebra at 2011-09-24 06:53 x
はじめまして 友達とDVDで見ました
>主人公のランディはミッキー・ローク以外ありえない!との監督の選択は正しかったです。ニコラス・ケイジでは、この感動は
味わえなかったでしょう
 このことについては友達も「ニコラス・ケイジじゃムリだろ!ギャラうるさそうだし、レスラー演じれるかどうか わからんし・・・」 と。

>イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」や「ナインハーフ」の頃の
面影はほとんどないけど、
(ボクシングや整形の影響で顔変わっちゃったからねぇ〜)
辛酸を味わった彼だからこそできた役だったのかもしれません。

 ミッキー・ローク自身不器用なのかもしれませんよ。彼自身も俳優として役を演じることしかできないような・・・ボクシングはスクリーンの中だけにしておけばよかったんですよ。

なぜかというと・・同じくミッキー・ロークの主演の「ホーム・ボーイ」という'88年の映画 知ってますか? おススメです。

 こちらは、ロークが アメリカ各地を渡り歩く流れ者ボクサーのジョニー役です。レスラーのランディーとはまた違った男の不器用さを「ホーム・ボーイ」のジョニーは持っています。見てみてください。
Commented by cinema-can at 2011-09-25 00:03
>zebraさん、はじめまして!
ミッキー・ロークの人生とシンクロさせるような
作品でしたよね〜。
彼だったから、できた作品だと思います。
「ホーム・ボーイ」は見ましたよ〜。
切ないお話でしたよねぇ〜。
<< シャネル&ストラヴィンスキー ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 >>