私がクマにキレた理由
b0020911_029149.jpg最近、売れっ子の
スカーレット・ヨハンソンが
ちょっとダサめなスタイルで
普通の女の子を好演。
ナニーという職業は、
ベビーシッターと違って
お手伝いさんのような
仕事もしなくちゃいけなくて
大変なんですね〜。

大学を卒業したが、自分の道に迷っていた
アニー(スカーレット・ヨハンソン)は、就職に失敗してしまう。
そんな時、ひょんなことからマンハッタンのセレブなマダム
ミセスX(ローラ・リニー)に雇われ、
彼女の幼い息子の面倒を見るナニーとして働くことになった。
しかし、自由なニューヨークの生活を夢見ていたアニーは、
自分勝手なセレブ一家に24時間振り回されるハメになる・・・・。

スカーレット・ヨハンソンの人類学の目線からの
レポート風の語りで、なかなか面白かったです。
そんなセレブな奥様たちの暮らしぶりも
なかなか見どころです。
ローラ・リニーが良かったです。
特に、ノンカフェインや大豆食品の食べ物に対するこだわりとか
フランス語への執着がすごいです。
それにしても、ダンナはひどかったなぁ〜。
セレブな子供たちも大変ですねぇー。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
しかし、ナニーとの関係を良好にする講習会があるなんて
ホントすごいですよ〜。
[PR]
by cinema-can | 2009-12-20 00:31 | DVD | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/12527346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< サガン -悲しみよ こんにちは- ホノカワボーイ >>