フィッシュストーリー
b0020911_0194572.jpg僕の孤独が魚だったら・・・♪
この歌詞が頭に残ってしまって
ついノリで、逆鱗版を
ipotに入れてしまいました!(笑)
最近「2012」の映画を
観たばかりだったので
なかなかタイムリーで
面白かったです。


2012年、彗星の地球への衝突が5時間後に迫り世界が終わろうとする中、
ターンテーブルから日本のパンクバンド“逆鱗”の
最後のレコード「FISH STORY」が流れる。
その曲は、1975年“逆鱗”のメンバー4人(伊藤敦史、高良健吾、渋川清彦、
大川内利充)が演奏したものだった。そしてときを超え、
1982年、その曲を聴いた気弱な大学生は、いつか世界を救うと予言され、
2009年、正義の味方になりたかったコックと共にシージャックに
巻き込まれた女子高生の未来は・・・。

この“逆鱗”ってバンドが意外とカッコいいのだ。
まあ、曲はまったく売れないのだが、なんかサバサバしていて
演奏もかなりそれぽくって・・・・
あと、コックで正義の味方の森山未來や
眠ったらなかなか目覚めない高校生の多部未華子ちゃんが
なかなか良かったです。
ちなみに、正義の味方の作られ方もなかなか笑えます。
全てが繋がるラストは、うまいなぁ〜!って感じでした。
ステキなフィッシュストーリー(ほら話)です。

■お気に入り度 ♥♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
残念ながら、無音の間奏ではありませんので、
女性の悲鳴は聞こえませんよ〜(笑)


[PR]
by cinema-can | 2009-12-02 00:22 | DVD | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/12425781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from samuraiの気になる映画 at 2009-12-03 13:54
タイトル : 「フィッシュストーリー」
 もう1ヶ月ほど前の話なのですが、都心の「MEGURO CINEMA」まで足を伸ばして映画を見て来ました。封切館では無く、いわゆる二番館ですね。  その映画は「フィシュ・ストーリー」。DVD発売まで待てなかったのと、なんか劇場で観たかったんですよ。同じ監督スタッフで、同じく伊坂幸太郎さんの原作を映画化した「アヒルと鴨のコインロッカー」が良かったので。ちなみに併映は「少年メリケン・サック」です。 「俺たちの曲「フィッシュ・ストーリー」が、いつか世界を救うんだよ。あってもいいだろう。そんな話」...... more
<< 副王家の一族 Disney'sクリス... >>