スカイ・クロラ The Sky Crawlers
b0020911_047654.jpg原作は5巻あるらしいのですが
その1巻目を押井守が
アニメーション映画として
監督した作品です。
前から見ようと思っていて
やっと観ました!
3Dの空中戦のシーンとか
リアルですごくきれいでした。


永遠に生きることを宿命づけられた“キルドレ”と呼ばれる
子どもたちが暮らす、もう一つの現代で、
彼らはショーとしての戦争で戦闘機に乗って戦っていた。
元エースパイロットの女性指揮官・草薙水素(菊地凛子)が
指揮する基地に、函南優一(加瀬亮)が赴任してくる・・・・。

リアルな空中戦に比べ、2Dの人物描写はなんかまったりとして
かなりギャップを感じました。
特にキルドレたちの顔が似すぎてちょっと解りづらかったです。
テーマも結構重いし、ちょっと物悲しい感じに
なってしまう作品でした。
まあ、嫌いじゃないけどね〜。
スカイリィのティーチャーの姿(正体?)見たかったなぁ〜!


■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
それにしてもタバコを吸うシーンが多過ぎでは・・・・(笑)
海外では、テーマも含め非難されそうだなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2009-11-01 00:49 | DVD | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/12239425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ジェイン・オースティン 秘められた恋 きみがぼくを見つけた日 >>