ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
b0020911_0204893.jpg生誕100年を迎える文豪・太宰治の
同名短編小説の映画化。
そして、第33回モントリオール
世界映画祭で監督賞に輝いた作品です。
松たか子は、貧乏のどん底にいても
なんか品が漂っていて美しいと
思わされるオーラがありました。


戦後の混乱期、才能がありながらも酒飲みで多額の借金をし
浮気を繰り返す小説家・大谷(浅野忠信)の妻・佐知(松たか子)は、
夫が踏み倒した酒代を肩代わりするため飲み屋で働くことになる。
生き生きと働く佐知の明るさが評判となって店は繁盛するが、
大谷はそれを受けてなお、鬱になっていき
愛人の秋子(広末涼子)と姿を消してしまう・・・・。

飲み代を踏み倒して盗みまで働くくせに、どこか憎めなくて、
たんぽぽの花一輪の誠実なんて言ってしまえる大谷は、
たぶん作家、太宰にかなり近い感じなんでしょうね〜。
そんな大谷の全てを受け入れて、前向きであっけらかんとしている
佐知のしなやかな強さが素晴らしかったです。
う〜〜〜ん!とてもまねできない強さです!
警察署で佐知が心中未遂をした愛人の秋子とすれ違うシーンは
女2人の視線だけの演技がすごかったです。
時代背景とかとても良く出来ていたし、伊武雅刀と室井滋の
飲み屋の夫婦は、なかなか良かったです。

ヴィヨンの妻←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
夫婦の会話の言葉使いがとてもきれいで、美しい文学作品を
見せていただきました。
[PR]
by cinema-can | 2009-10-16 00:23 | cinema | Trackback(11) | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/12138751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【映画がはねたら、都バス.. at 2009-10-17 22:46
タイトル : 「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」:巣鴨駅前バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}ここを走っている山手線って、今年で命名100年なんだってね。 {/hiyo_en2/}えっ、じゃあ太宰治が生まれたのと同じ年に、山手線って名づけられたっていうこと? {/kaeru_en4/}そういえば、太宰治も生誕100年だったな。 {/hiyo_en2/}その太宰治の生誕100年を記念して撮られた映画が「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」。100年目にふさわしい映画だったなあ。 {/kaeru_en4/}どういう意味? {/hiyo_en2/}この映画、戦後まもなくの東京...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2009-10-17 23:55
タイトル : 昭和の女〜『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ』
 才能に溢れてはいるが大酒呑みで金にルーズ、女癖も悪い新進作家の大谷 (浅野忠信)は、馴染みの料理屋から金を盗んでしまう。しっかり者の妻佐知(松 たか子)は、そんな大谷を庇い、料理屋で働いて借金ぎ..... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-10-18 01:29
タイトル : ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜
太宰治 生誕100年 ある夫婦をめぐる「愛」の物語 【関連記事】 ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ 壁紙1 ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ 壁紙2... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2009-10-18 13:21
タイトル : ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
第33回モントリオール世界映画祭、最優秀監督賞受賞作品―【story】戦後の混乱期。秀でた才能を持つ小説家でありながら、大酒飲みで、多額の借金をして浮気を繰り返す大谷(浅野忠信)の妻・佐知(松たか子)は、夫が踏み倒した酒代を肩代わりするため飲み屋で働くことに。生き生きと働く佐知の明るさが評判となって店は繁盛し、やがて彼女に好意を寄せる男も現れて佐知の心は揺れる。そんな中、大谷は親しくしていたバーの女と姿を消してしまい―     監督 : 根岸吉太郎     原作 : 太宰治【comment】原作『ヴィ...... more
Tracked from 必見!ミスターシネマの最.. at 2009-10-19 17:18
タイトル : ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~
[ヴィヨンの妻] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.5/10点満点 2009年89本目(83作品)です。 【あらすじ】 戦後の東京。 酒と女に溺れ、愛人までも作ってしまう小説家の大谷(浅野忠信)。 その大谷を健気に支える妻の佐知(松たか子..... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2009-10-20 12:20
タイトル : 『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』
□作品オフィシャルサイト 「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」□監督 根岸吉太郎 □脚本 田中陽造 □原作 太宰治 □キャスト 松たか子、浅野忠信、室井 滋、伊武雅刀、光石 研、広末涼子、妻夫木  聡、堤 真一、山本未來、新井浩文■鑑賞日 10月12日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 入場開始のアナウンスが始まったので耳を澄ましていると、まだ日が浅い担当者なのか、あるいは映画を知らない担当者なのかわからないが、明らかに“ブイヨ...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2009-10-20 23:52
タイトル : ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 / Villon 's ..
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今年は太宰治 生誕100年(1909〜1948) ということでいくつか太宰の小説が映画化されている中、 本作は太宰の「ヴィヨンの妻」をベースに、「思ひ出」「灯篭」「姥捨」「きりぎりす」「桜桃」「二十世紀旗手」を融合させ、 田中陽造が松たかこをイメージして書き下ろしたという脚本。 『サイドカーに犬』などの根岸吉太郎監督作。...... more
Tracked from ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ at 2009-10-29 03:56
タイトル : ★「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」
TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスもこれで打ち止め。 合計18作品をタダで見ることができました。 本作は、文豪・太宰治の原作・・・ 2009年は太宰の生誕100周年だったのね。... more
Tracked from 自主映画制作工房Stud.. at 2009-11-09 07:40
タイトル : ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ [監督:根岸吉太郎]
批判も多そうだけど、浅野忠信の創出した太宰っぽい奴の印象抜群。すぐに「太宰ごっこ」をやりたくなるおかしなおかしな文芸作品。... more
Tracked from サーカスな日々 at 2010-05-03 12:05
タイトル : mini review 10454「ヴィヨンの妻 〜桜桃..
2009年に、生誕100年を迎える文豪・太宰治の同名短編小説を、『雪に願うこと』の根岸吉太郎監督が映画化した文芸ドラマ。戦後の混乱期を背景に、道楽ざんまいの小説家の夫に振り回されながらも、明るくしなやかに生きていく女性の姿を描く。逆境の中でも活力にあふれるヒロインには話題作への出演が相次ぐ松たか子、太宰を思わせる小説家に『モンゴル』などで海外でも評価の高い浅野忠信。さらに室井滋、伊武雅刀、妻夫木聡、堤真一ら豪華共演陣が脇を固める。[もっと詳しく] 桜桃とタンポポ。その対比を、監督は描きたかったのか...... more
Tracked from 『映画な日々』 cine.. at 2010-08-26 21:50
タイトル : 『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ 戦後の混乱期、大酒を飲み、 浮気を繰り返す小説家・大谷と、 大谷に翻弄されながら、献身的に, 強かに支え続けた妻・佐知の物語 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑...... more
<< 少年メリケンサック 「パーシー・ジャクソンとオリン... >>