「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〈2〉魔海の冒険」リック リオーダン
b0020911_23585348.jpgパーシー・ジャクソンと
オリンポスの神々の2作目です。
今回は、グローバーの救出と
タイレアの松の再生のための
魔法の道具を求めて、
「魔の海」への冒険です。
そして、今作ではアナベスと
図体はデカイのに泣き虫なタイソンが旅の仲間になります。

新しい学校での終業日、パーシーはまたしても怪物に襲われる。
ハーフ訓練所に戻ってみると、タレイアの松が何者かに毒をもられて
枯れかかり、訓練所は危機に陥っていた。
新たに判明した家族の秘密を受け入れられないまま、
タレイアの松を復活させる魔法の道具を求めて、
アナベスとタイソンと「魔の海」へと向かったパーシーの前に、
クロノスの手下となったルークがあらわれる・・・。

16歳におこると言うパーシーに係る予言、蘇りつつある巨悪な存在と
どこかで聞いたことのあるストーリーが度々出てきますが、
(ほとんどハリポタですが・・・・)
ダークじゃない分、軽〜〜く読めます(笑)
魔の海というのは、バミューダトライアングルのことだし、
目と歯が、三人で一つしかない三姉妹や、キュクロプス、
セイレンなどギリシャ神話の登場人物はなかなか楽しませてくれます。


■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
今回新たに登場した神の一人、ヘルメスの現代版も
なかなか面白かったです。映像化ますます楽しみだなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2009-10-15 00:04 | book | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/12132088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 バーン・アフター・リーディング >>