「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/盗まれた雷撃」リック リオーダン
b0020911_0305575.jpg映画の予告編を観てから
すご〜〜く興味を
そそられたのですが、
単行本大きいし・・・
図書館にリクエストしたら
案外簡単に回ってきました。
ギリシャ神話のオリンポスの神々と
人間の間に生まれた子供たちの冒険という、
設定はなかなか新鮮でした。

アメリカの寄宿学校に通う12歳の少年パーシー・ジャクソンは、
難読症の上ADHDで、そのせいもあり問題児として
何度も学校を退学させられていた。
けれどもそれは、本人のせいではなくて出生のせいだった。
突然自分がギリシア神話の神の一人の子供だと打ち明けられ、
怪物に襲われたのだ。
そんな神との子が入る訓練所に逃げ込んだパーシーだったが、
神々のとんでもない揉め事に巻き込まれ・・・。

実は、ギリシャ神話の神々が現在のアメリカに引っ越ししていて
神話に出てくる英雄たちのように神と人間のハーフが生まれているという
なかなかユニークなストーリーでした。
妙な所にメドゥーサがいたり、ちょっと筋肉おバカ風のアレスが
登場したり、なかなか楽しませてくれます。
現在4巻まで発刊されているみたいです。

まあ、アメリカ版ハリー・ポッターって言われているみたいだし、
ファンタジー好きな方には楽しめる作品だと思います。

映画はクリス・コロンバス監督で2010年2月12日公開予定(アメリカ)に
なっています。

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
ハリポタも終わっちゃたし、とりあえず図書館でも
まだ手軽に借りられそうなので、このシリーズ読んでみようと思います。
[PR]
by cinema-can | 2009-10-01 00:38 | book | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/12041559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2010-01-09 10:58
タイトル : 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/盗まれた雷撃』..
翻訳が出てすぐに買ったんだけどそのまんまになってたのを、先頃シリーズも完結したし映画の公開も近づいてきたこともあって、やっと引っ張り出してきた。 パーシー・ジャクソンはアメリカの寄宿学校に通う12歳の少年。ただ、本人の意思にかかわりなく、何かとトラブルを引き起こす問題児だ。 ところがある日、謎の連中の襲撃を受け、逃げる際中に最愛の母親が目の前で消えてしまった。そしてパーシーは、何と神様と人間とのハーフだということがわかり、ハーフたちが集まる訓練所へと入れられることに。 しかしパーシーはそこで...... more
<< ティンカー・ベル 映画検定 >>