「名もなき毒」宮部みゆき
b0020911_231079.jpg「誰か」で登場した
杉村三郎の一族が
新たな事件にかかわる物語です。
「毒」とは毒殺に使われる
薬等だけではなく
人間の中にもあり、
様々な事件とからみあっていく。

財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、
トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、
私立探偵・北見のもとを訪れる。
そこで出会ったのは、連続無差別毒殺事件で
祖父を亡くしたという女子高生だった・・・。

まあ相変わらず、杉村一家は裕福過ぎて、
ちょっとリアリティがないですが、
なんといっても今回は、原田いずみというアルバイトの女性が怖い!
常に何かに怒っていて、自分の不幸は全て他に人のせいにする。
そして逆恨み!!!正直回りにいる人はたまらない。
ここまでひどくはないけど、結構こんな感じの人いるような気がする。
だから怖いのである。
あと、土壌汚染の話もかなり気になりました。
ただ、コンツェルン会長の義理父はちょっとりっぱ過ぎかな〜。
上に立つ人がこんな人ばかりなら、
こんな世の中ではないはずだけど・・・(笑)

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
これもシリーズ化するんでしょうねぇ〜。
[PR]
by cinema-can | 2009-07-19 23:23 | book | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/11545779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ハリー・ポッターと謎のプリンス 幸せの1ページ >>