MW-ムウ-
b0020911_0444599.jpg最近、お気に入りの
玉木宏の初の悪役ってこと
だけで・・・おまけに
招待券を頂いたので
期待しないで観てきました!
手塚治虫の原作は未読なので
よくわかりませんが、
映画は、「禁断の問題作」って
ほどのものではありませんでした(~_~;)

16年前、ある島の島民全員が死亡した事件は、
政府によって隠ぺいされるが、二人の少年が奇跡的に生き延びた。
その一人でエリート銀行員となった結城美智雄(玉木宏)は、
冷酷な復讐を企み、神父となった賀来裕太郎(山田孝之)は
結城を阻止しようと苦悩する。
そんな中、16年前の事件の鍵を握る「MW」の情報を持った
女性記者(石田ゆり子)が2人の前にあらわれるのだが・・・・。

内容的に、かなり中途半端な感じでちょっとひどい。
もうちょっと人物描写を重視しないと、悪の本質が見えてこないし、
結城と賀来の関係性も弱い。
アクション的にも、冒頭のタイロケだけで、
ホントに必要なのかよくわからないです。
おじさん(石橋凌)走らせるのもちょっときついです!

まあ、テレビで観て充分な感じでした。
ただで(無料)観たからあんま文句言えないけど・・・(笑)

映画『MW』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♡

(ルナのひとりごと)
玉木くんの悪役は、悪くなかったけど、
彼には、やっぱり「のだめ」の千秋先輩の方が似合うよ〜!
[PR]
by cinema-can | 2009-07-12 00:47 | cinema | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/11488410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 黒豆 at 2009-07-20 08:00 x
>映画は、「禁断の問題作」ってほどのものでは

ははあ、そうでしたか。
どうしようか迷っていたので、見なくて済みそうです。
原作は、そうとうに救いのない話なので、映画化と聞いた時、こんなもん映画化してどうするんじゃい?と思っていたのですが、やっぱりあのままは出来なかったみたいですね(^^;。
玉木宏も違うだろうなあと思っていたのですが…(大昔の美輪明宏だったら、こなせる役かも知れません(^^))
レンタルにでもなったら、見てみます。
Commented by cinema-can at 2009-07-20 23:32
>黒豆さん、こんばんは(^_^)
正直、私は駄作だと思います。
まあタダで観たから、文句ないけど
1800円は絶対払いません!!!!(笑)
レンタルしなくてもそのうちテレビでやりますよ〜。

原作は、もっと面白そうなので
そのうち読んでみようと思っています。

<< 幸せの1ページ 「いっちばん」畠中 恵 >>