愛を読むひと
b0020911_22444153.jpg見終わった後、
なんだかちょっと重い気持ちに
なってしまいました。
う〜〜〜ん、なんか切なくつらい
考えさせられる作品でした。
ケイト・ウィンスレットの
演技は素晴らしかったけど、
個人的には、「チェンジリング」の
アンジーの方が好きかなぁ〜。

1958年のドイツ、15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は
学校からの帰宅中、具合が悪くなり、
21歳も年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)に助けられる。
マイケルはハンナと恋に落ち、ハンナは本の朗読を頼むようになり、
愛を深めていくのだが、彼女は突然姿を消してしまう。
数年後、法学専攻の大学生になったマイケルは、
被告席にハンナを発見し衝撃を受ける・・・・。

ハンナの秘密が、私には無期懲役という重罪と引き換えに
するほどのものとは思えなくて・・・・。
たぶん、回りでは気づいている人もいたような気がするし・・
(それで、全部罪をきせた他の看守だった人たちとか)
マイケルの苦悩も切ないけど、ハンナがくだす最後の決断も
つらいです。
もっと感動すると思っていたけど、
なんか切ない感じで終わってしまいました。

b0020911_22451576.jpg


『愛を読むひと』|世界が涙したベストセラー『朗読者』待望の映画化!←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
戦犯といっても一般人だし、でもなぁ〜罪がないとも
言い切れないようなぁ〜つらいですねぇー。
[PR]
by cinema-can | 2009-06-28 22:47 | cinema | Trackback(7) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/11384068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2009-06-28 23:50
タイトル : 映画「愛を読むひと」
原題:The Reader ハンナ役を引き受けていたニコール・キッドマンが妊娠発覚により降板したといういわくつきのこの映画、焦点は年上の女性への憧れか親子の断絶か・・・!? 当時15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)とハンナ(ケイト・ウィンスレット)が初めて出会うのは... more
Tracked from 雑記帳+ at 2009-07-02 00:09
タイトル : 『愛を読むひと』を観る
T4に続いて観たのは、こちらの作品です。 涙する、と思っていたのですが・・・あっ... more
Tracked from 映画な日々。読書な日々。 at 2009-07-03 13:17
タイトル : 『愛を読むひと』 試写会鑑賞
1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナと恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、法学専攻の大学生になったマイケルは、無期懲役の判決を受けるハンナと法... more
Tracked from 映画通信みるみる at 2009-07-05 15:08
タイトル : 愛を読むひと『朗読者/The Reader』
1958年のドイツ、ベルリン。15歳のマイケルは21歳年上のハンナとの初めての情事にのめり込む。ハンナの部屋に足繁く通い、請われるままに始めた本の朗読によって、2人の時間はいっそう濃密なものになるが、ある...... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-07-10 11:11
タイトル : 愛を読むひと
愛は本に託された  ... more
Tracked from ketchup 36oz.. at 2009-08-16 09:34
タイトル : 『愛を読むひと』 痛々しいほどに美しい、ケイト・ウィンス..
『愛を読むひと』 ケイト・ウィンスレットの、女優としての成長を、 そして、女性としての“成熟”を… 待つ必要があった映画、なのだと思う。 C) 2008 TWCGF Film Services II, LLC. All rights reserved 年上の女性への憧れ、恋、初体験… ひと夏の思い... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2010-02-18 14:42
タイトル : 愛を読むひと
ケイト・ウインスレットが嫌いです。(笑) だって、演技パターンみたいなのが決まっていて 何をやっても一色なんだもの。 しかしこの人、評価されてますよね。 アカデミー賞主演女優賞も取ったらしいし。 一応観ておきますか。 1958年のドイツ。 15歳のマイケルは21歳年上... more
Commented by aju at 2009-07-01 23:54 x
同感・・・
この映画の感想としても、(ケイト・ウィンスレットも悪いというワケではないんですが)私もチェンジリングのアンジェリーナ・ジョリーの演技の方が、なんというか、こぅ・・・インパクトあったので、ルナさんに全く同感です。


ハンナの秘密を守り通すという行為を否定という考えはないんですが、どうも・・・。感動というよりも心が重くなってしまう作品でしたよね。。
Commented by cinema-can at 2009-07-02 23:33
>ajuさん、こんばんは(*^^*)
やはり、この作品はハンナの秘密と最後の決断に
共感できるかどうかによって感じ方が違うと思いますよ。
特に、ハンナの秘密は刑務所内で克服できたわけですから
私としては、それまででも克服しようと思えば
出来たんじゃないかと思うのですよ〜。
そういう病気もあるようでディスレクシア(読字障害)とか
ではなかったわけだし・・(トム・クルーズもですよね)
その辺がどうも引っかかってしまって
素直に感動出来ませんでした!
ラストもねぇ〜、なんか重いですよねー。
<< 「ガリレオの苦悩」東野 圭吾 トランスフォーマー/リベンジ >>