「1Q84 (BOOK1) (BOOK2)」村上春樹
b0020911_0551078.jpg私は、学生時代からの
筋金入りのハルキファンです。
だからねぇ〜、
面白かったですよ!1Q84
ただ、今回のバカ売れは
ちょっとどうかなぁ〜って
思うのですが・・・・。
まあ、正直誰にでも受け入れられるとは思わないので・・・・。

お話は、(天吾)と(青豆)の2人の話が交互に同時進行するスタイルで
二つの話は次第に距離を縮めていく村上ワールドです。
そして、舞台は携帯もネットもまだなかった1984年。
(BOOK1)は4月〜6月、(BOOK2)は7月〜9月って事は、
あと2冊は続編が出るのでしょう!

青豆さん(女性)が男前でカッコイイし、
いかにもハードボイルド的なタマルさんのキャラも好きでした。
続きが気になるので、早く読みたいです。


■お気に入り度 ♥♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
ヤナーチェック「シンフォニエッタ」のCDも売れてるとか・・・
ノーベル文学賞もいずれ取れるんじゃないかなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2009-06-21 00:56 | book | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/11317237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「聖女の救済」東野 圭吾 ターミネーター4 >>