イントゥ・ザ・ワイルド
b0020911_1112718.jpg青年は荒野をめざす!って
歌があるようですが、
ホントにアラスカの荒野を
目指して放浪した1人の
若者のお話です。
ジョン・クラカワーの
ノンフィクション「荒野へ」に
惚れ込み、ショーン・ペンが
監督した作品です。

1990年夏、アトランタの大学を優秀な成績で卒業した
22歳のクリス(エミール・ハーシュ)は、将来へ期待を寄せる家族も
貯金も投げ打って、何も持たずに旅に出る。
現代の文明社会を偽善とバッサリ切り捨て、究極の自由を求めて
大自然に向かって旅をするという、かねてからの計画を実行に移したのだ。
アリゾナからカリフォルニア、サウスダコタへと旅をし、
様々な人と出会い、最終的に目指したのは遙か北、
アラスカの荒野だった・・・・。

人間の本当の生き方を求めるクリスの、
若者らしい純粋さがちょっとまぶしいと感じてしまう私は、
やはりかなりの文明に汚染されているのでしょう!
クリスが出会う様々な人々との交流も
なかなか興味深かったです。
特に、ハル・ホルブルック演じる老人は
なかなか印象的でした。

クリスがたどる運命は、ある意味かなり悲惨なんですが
そう感じさせない淡々とした作品に仕上がっています。
アラスカの大自然の壮大さも充分堪能できます。

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
ただ、彼は若いゆえに家族のホントの姿を想像することが
できなかったのかもしれないなぁ〜と思うと
やはり、生きて帰ってほしかったです。
[PR]
by cinema-can | 2009-06-08 01:13 | DVD | Trackback(7) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/11201449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Mani_Mani at 2009-06-08 22:51
タイトル : 「イントゥ・ザ・ワイルド」ショーン・ペン
イントゥ・ザ・ワイルド (エミール・ハーシュ主演) [DVD]このアイテムの詳細を見る 2007アメリカ 監督・脚本:ショーン・ペン 原作:ジョン・クラカワー 出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、キャサリン・キーナー、ヴィンス・ヴォーン、クリステン・スチュワート他 とらねこさんのおすすめで鑑賞。 すっかり世間的には遅い鑑賞ですが、 まだ劇場でやっていましたよ。 この映画、題材はすごくいいよ、好みというか、 自分もすべてなげうって北へ旅立ちたい...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2009-06-09 00:39
タイトル : 映画「イントゥ・ザ・ワイルド」
原題:INTO THE WILD 予告も見ず、予備知識も何一つ得ないまま、ただタイトルに興味を惹かれての映画鑑賞だったけど、魂を揺さぶられると言っていい~衝撃の実話の映画化~ 本当に実話ということを知ったのは映画の最後のほうだったけど、最初のほうでは長くて退屈な映... more
Tracked from Wilderlandwa.. at 2009-06-09 22:03
タイトル : 「イントゥ・ザ・ワイルド(INTO THE WILD)」..
「名優ショーン・ペンが久々に監督を務めたロード・ムービー。ベストセラー・ノンフィクション「荒野へ」を基に、アラスカで謎の... more
Tracked from 【映画がはねたら、都バス.. at 2009-06-11 22:28
タイトル : 「イントゥ・ザ・ワイルド」:魚籃坂下バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}あそこに見えるのはテレビ屋か?もうすぐアナログテレビは見れなくなっちゃうし、地デジ対応テレビでも買っていくか? {/hiyo_en2/}それより、これを機会にテレビのない生活でもしてみたら? {/kaeru_en4/}そんな野蛮な生活できるかい! {/hiyo_en2/}そういう人にこそ見てほしいのよねえ、ショーン・ペン監督の「イントゥ・ザ・ワイルド」。 {/kaeru_en4/}物質的な豊かさを捨てて荒野をめざす青年の映画だろ。ようやく観ましたよ。 {/hiyo_en2/...... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-07-06 12:56
タイトル : イントゥ・ザ・ワイルド
そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために  ... more
Tracked from サーカスな日々 at 2009-09-22 02:36
タイトル : mini review 09392「イントゥ・ザ・ワイル..
すべてを捨てアラスカへと放浪の旅へ出た裕福な青年の心の軌跡を描いた人間ドラマ。ショーン・ペンが監督を務め、原作は冒険家ジョン・クラカワー著のノンフィクション小説「荒野へ」。前途有望な未来を捨て自由を選択したすえに悲惨な最期を遂げる若者を演じるのは『ロード・オブ・ドッグタウン』のエミール・ハーシュ。『ダーティハリー2』のハル・ホルブルックが、愁いをたたえた老人の役で登場。青年が足を踏み入れていく、美しくも厳しいアメリカの大自然の映像も圧巻。[もっと詳しく] 『青年は荒野をめざす』・・・その入り口で、...... more
Tracked from むーびーふぁんたすてぃっく at 2010-01-16 19:48
タイトル : Into the Wild 〜イントゥ・ザ・ワイルド〜
「Into the Wild ~イントゥ・ザ・ワイルド~」 感想 Into the Wild そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために 資本主義、物質社会などあらゆるしがらみから開放されるための旅 旅を経て...... more
Commented by aju at 2009-07-02 00:24 x
この前(T4の時)、
コメント残しそびれたので、今さらながらコメントさせて下さいまし。

私はこちらの作品を去年観た映画の中で一番良かったと思った作品でした。
気持ちが高じて原作本も読んだんですが、その時思ったのは監督のショーン・ペンの思い入れというか、この実話とクリスに対する優しさ(愛のようなもの)を感じましたよ。

身近な友達とは意見が合わなくて、去年末はこの映画で結構論じ合ってしまったんですけど、ルナさんの感想を読んで何だかホッとした気持ちになりました。(先の「愛を読むひと」と同じようなこと言ってますね、私。^^;)
Commented by cinema-can at 2009-07-02 23:46
>そうなんですよー。
ajuさんの昨年の一番良い作品って事で、
ぜひ観てみたかったんですよー。
観て良かったです。私もこの実話とクリスに対する
ショーン・ペンの思い入れを強く感じました。
だから、愛のある作品だと思いますよ〜。

<< 「楽園(上)(下)」宮部みゆき スター・トレック >>