レンブラントの夜警
b0020911_2182859.jpgピーター・グリーナウェイの
作品って結構好きなんですが、
なぜか、途中で
眠くなちゃうのよね〜。
あの独特のテンポが
どうも睡魔を誘うんですかねー(笑)
レンブラントの波乱な後年を
マーティン・フリーマンが熱演。


1641年のオランダ。アムステルダムで36歳の
レンブラント(マーティン・フリーマン)は、
画家としての成功と大いなる富を手にしていた。
妻(エヴァ・バーシッスル)は無事男の子を出産し、
彼の人生は順調に進むかに見えた。
だが、アムステルダム市警団から集団肖像画を依頼され、
渋々その仕事を引き受けたことで彼の運命は大きく変化する・・・・。

まるで舞台劇なような感じで、全体が絵画のような演出でした。
まあ、この説が本当かどうかは定かではありませんが、
売れっ子画家だったレンブラントが、「夜警」を描いた直後から、
転落していったのは事実のようです。

ただ、正直レンブラントの絵はあんまり好みでは
なかったりします・・・・(笑)

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとりごと)
あんまり途中何度も寝てしまったので、よく覚えてないとこも
あったりします・・・・(笑)
[PR]
by cinema-can | 2009-04-24 02:19 | DVD | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/10787261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Mani_Mani at 2009-04-26 21:31
タイトル : 「レンブラントの夜警」ピーター・グリーナウェイ
NIGHTWATCHING 2007カナダ/ポーランド/イギリス/フランス/オランダ/ドイツ 監督・脚本:ピーター・グリーナウェイ 撮影:レイニア・ファン・ブルメーレン 出演:マーティン・フリーマン、エミリー・ホームズ、マイケル・テイゲン 、エヴァ・バーシッスル、ジョディ・メイ ちょっとうとうとしつつ観たけど、なかなか面白かったと思う。グリーナウェイ初期長編の持つ明示的な凄惨さという表現衝動は内に取り込まれ、むしろ執拗に避けているかのようにさえ見える。出産シーンで肝心の部分に人を立たせたりと、むし...... more
Commented by manimani at 2009-04-26 21:35 x
こんにちは
ワタシも面白い!と思いつつも結構寝てしまいました。
このエンタメ性が全然ないところも好きなところなんですけどね〜(笑)
Commented by cinema-can at 2009-04-26 22:38
久しぶりのピーター・グリーナウェイ作品だったのですが、
何度も睡魔におそわれてしまいました!(笑)
ただ、説としては面白かったです。
たしかに、エンタメ性はない作品ですよねー。
<< スラムドッグ$ミリオネア レッドクリフ Part II ... >>