エレジー
b0020911_0175194.jpg「死ぬまでにしたい10のこと」
「あなたになら言える秘密のこと」で
評価の高いイサベル・コイシェ監督の
新作は、初老の大学教授と
女子大生の恋愛を描いた作品です。
ペネロペ・クルスが
本当に美しかったです。


一度の離婚を経て、自由奔放な恋愛を楽しんできた
大学教授デヴィッド(ベン・キングズレー)は、
美貌の学生コンスエラ(ペネロペ・クルス)と出会い、
お互いに惹かれ合う。
デヴィッドは、コンスエラの美しさに熱を上げるが、
一方で、いままでにない嫉妬の感情に悩まされる。
そんな時、家族で行うコンスエラの卒業パーティに
誘われたデヴィッドだったが、
キャンセルしてしまう・・・・。

30歳も年上のデヴィッドが、絵画や文学を用いて
コンスエラを賞賛する様は、いかにも知識が豊富な
おやじぽくって、結構エロいんだけど、
コンスエラには同世代にはない魅力と
映るのかもしれないなぁー。
しかし、彼女に夢中になるにつれて、嫉妬の心に悩まされ
彼女を失う不安でいたたまれなくなっていく
悲しいおじさんの姿に変わっていくのである。
そんな彼の友人(デニス・ホッパー)との会話は
なかなかユニークで面白いです。
あと、デヴィッドの長年の愛人(パトリシア・クラークソン)の
歳をとった女性としての意見もなかなか考えさせられます。

2年の空白期間をえて、2人は再会を果たすのですが、
微妙なラストで、以後2人がどうなるのかは
観る側にまかせられています。
私的には、ハッピーエンドになったと思いたいです。

b0020911_0182931.jpg


映画「エレジー」 イサベル・コイシェ監督最新作←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
ペネロペ・クルスは、役によっても違うけど
今回は、清楚な感じでホントに美しかったです!
[PR]
by cinema-can | 2009-02-03 00:21 | cinema | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/10291990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from もっきぃの映画館でみよう.. at 2009-06-21 23:53
タイトル : 祝!アカデミー助演女優賞受賞 ペネロペ・クルス 『エレジ..
少し前の話となるが、まずはペネロペ・クルスの受賞を喜びたい。初めて彼女 を見たのは「オール・アバウト・マイ・マザー」(1998年)。おすぎの『私はこの 映画をすすめるために映画評論家になりました』という絶賛のCMで、見に行 き、これは趣味があわないなあとおもったのだが、そのときに清楚なシスター役 ででていたのがペネロペ・クルス24歳。私が、本格的にファンになったのは、 アリゾナ行きの飛行機でみた「ウーマン・オン・トップ」(2000年)。ハリウッド 進出の頃でアイドル・イメージビデオのような映画でした。...... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2009-08-09 23:49
タイトル : 「エレジー」(ELEGY)
「死ぬまでにしたい10のこと」や「あなたになら言える秘密のこと」などの作品で知られるスペイン出身の女流監督、イザベル・コイシエが2008年、米国の「さよならコロンバス」「白いカラス」の原作者である著名なピュリッツアー賞作家フィリップ・ロスの小説「ダイング・アニマル」(集英社)を映画化したラブ・ロマンス・ムービー「エレジー」(原題=哀歌、米、112分、ニコラス・メイヤー脚本)。この映画は初老の大学教授と、30歳年下の女子大生との切ない愛を淡々と描いている。主演は「砂と霧の家」のベン・キングズ...... more
Commented by デイヴィッド・ギルモア at 2009-08-10 01:37 x
こんばんは。
ほんとにペネロペが美しかったですよね。これまで、「バニラスカイ」とか、「それでも恋するバルセロナ」など数本見ていますが、やはり本作が一番きれいに撮れているみたいです。
また、ベンとデニス・ホッパーの会話が面白かったですね。やはり、怪優デニスの存在がこの映画を上手に味付けしたみたいです。
ラストシーンの解釈は、ぼくも2人が今後ハッピーに暮らしたと考えたいですね。
Commented by cinema-can at 2009-08-10 23:21
>D・ギルモアさん、こんばんは(^_^)
本作のペネロペは、きれいでしたよね〜。
わたしも今回が1番美しいと思います!

ベンとデニス・ホッパーの会話は楽しませてくれましたよねー。
ラストは、やっぱりハッピーになったと思いたいですよね。

<< マンマ・ミーア! 007/慰めの報酬 >>