この自由な世界で
b0020911_04594.jpg今年最初の劇場鑑賞作品です。
無料鑑賞券の期限が迫っていて
観れる作品の中に、
なかなかこれと言った作品が
なかったので、まあしかたなく
選んだ作品でしたが、
ちょっと考えさせられる
作品でした。

女手ひとつで息子を育てるアンジー(カーストン・ウェアリング)は
セクハラの上司にたてついた事から、仕事をクビになり、
ルームメイトのローズ(ジュリエット・エリス)と移民相手の
職業紹介所を立ち上げる。
仕事が軌道に乗るなか、彼女は不法移民たちを働かせることで
さらなる儲けが入ってくることを思いつき、実行に移すのだが・・・・。

結構ヘビー内容で、現在の資本主義の環境では、こんなことでも
しなければ、なかなか大金を手にする事はできないんだろうけど、
その分危険さも増すわけで・・・、なんか恐ろしい!
大金を手にするほどに、人間性を失っていく様も怖い!
さんざん踏み台にされてきた彼女が、弱者を踏み台にするように
変わっていく姿も、なんかリアルで生々しく、
今の日本にも匹敵するところがありそうです。

映画「この自由な世界で」公式サイト←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
いたたまれず、途中で抜けたローズの気持ちの方が
共感できる私は、育てなきゃいけない息子がいないからかなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2009-01-14 00:07 | cinema | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/10190167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画DVD・映画ブルーレ.. at 2009-02-04 16:45
タイトル : この自由な世界で
この自由な世界で (2007)今回の映画は、「この自由な世界で」です。本作「この自由な世界で」は、ロンドンで不法移民の人材派遣業を始めた女性を描く社会派ドラマです。監督は『麦の穂をゆらす風』のケン・ローチ。シングルマザーのアンジー(カーストン・ウェアリング...... more
<< ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー アクロス・ザ・ユニバース >>