「琥珀の望遠鏡」上 下巻 フィリップ・プルマン
b0020911_0461383.jpgライラの冒険の第3シリーズが
この「琥珀の望遠鏡」。
随分前に読んだので
ちょっと記憶があいまいです。
異次元の世界をいくつも
さまよって来たライラとウィルの
冒険もいよいよ最終章へ。

面白かったし、ラストはちょっと切なかったですが、
死後の世界まで登場して、どうも広げすぎた風呂敷をたたむのが
ちょっと強引かなぁ〜とも感じました!
残念ながら、映画の方は暗礁に乗り上げてしまって
続編の話はまったく聞こえてきませんね〜。

■お気に入り度 ♥♥♥♡

∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*∴*∵*
ここで、今年読んだ本の残りもついでにUPです!

「ゆめつげ」畠中 恵
たよりないが夢告の能力のある兄と、しっかり者の弟の神官の兄弟が
巻き込まれる物語。
■お気に入り度 ♥♥♥

「神の手」上下巻 パトリシア コーンウェル
スカーペッタシリーズ14作目ですが、人間関係がギクシャクしすぎて
ミステリーよりそっちがメインになちゃってます。
■お気に入り度 ♥♡

「本所深川ふしぎ草紙」宮部 みゆき
江戸の本所深川を舞台に下町の七不思議を描いた短編集で、
それぞれが面白いお話でした。
■お気に入り度 ♥♥♥♡

「反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク 5」石田 衣良
おなじみのブクロのトラブルシューター・マコトが活躍する
四話からなる短編集。
■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
あとはもうよく覚えていないけど、こんなもんだったかなぁ〜。
正直かなりやっつけですよねぇ〜すみません・・・(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2008-12-29 00:53 | book | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/10106661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2008-12-29 21:55
タイトル : 『琥珀の望遠鏡』<ライラの冒険III> フィリップ・プルマン
ようやく完結編までたどり着きました。 が、・・・こういう展開になるとは思いませんでしたね。 一作目の悪ガキ・ライラは、ウィルと出会ってしおらしい女の子になり、しまいにゃラブラブ? これまでの登場人物たちが次々と顔を出すのは嬉しいけれど、トラブルメーカーのアスリエル卿とコールター夫人が仲良くあっけなく(?)退場しちゃったり、と物足りなさも。 結局、どういうお話だったのか要約して説明するのが非常に難しいのではありますが、それでも最後まで楽しめたのは確かです。映画化がきちんと実現するかどうか...... more
Commented by samurai-kyousuke at 2008-12-29 23:33
「琥珀の望遠鏡」は、ライラとパンの別れの場面が可哀想で可哀想でねぇ〜。あんなの映像で見せられたら涙腺欠壊します。(笑)
Commented by cinema-can at 2008-12-29 23:57
>samuraiさん、こんばんは(^_^)
ライラとパンが離ればなれになる場面は、つらいですよねー。
たしかに映像だったら、泣いちゃいますよね〜。
<< ワールド・オブ・ライズ DVD鑑賞作品(08.10月〜... >>